改めて考える、郊外と都市との違い

高槻市から考える、都市、あるいは郊外に住むこと

人間誰しも、どこかを拠点として生活をしていかなくてはならない。仕事をするにしても何にしても、まず生活拠点というべき場所を据えなくては何も始まらないからだ。生まれた時は親が持ち家を持っているならそのまま居住します。そしてある程度の年齢になっていつか独り暮らしをしたいと考えるようになります。ここでも大きな変化があります、それは地方に住んでいるか、元々都会に住んでいるかの違いだ。

例えば筆者は独り暮らしをしようとは思ったりもしたが、親の体調や家の状況などもあってそのタイミングを結局逃してしまった。しようと思えば出来たのかもしれない、ただそこでしておけばよかったと後悔はしなかった。それもそうだ、生まれてこの方首都圏から生活拠点を離れたことがないからである。それなら実家で暮らしながら、家にお金を入れたり、家事を行ったりした方が色々と都合がいいと考えるようになる。しかしこうした行為を自立していないと糾弾する人もいるが、果たしてそうだろうか。

筆者のように都心で暮らしている人が無理に独り暮らしを敢行してもメリットというべきものはない。結婚をするなどといったケースを除いても、今ではどうしてもメリットがあまり無いように思える。ただこうした心境を語れるのは都心出身だからこそでしょう、東京や神奈川といった首都圏出身ではない、地方から出てきた人たちは問答無用で独り暮らしをしなくてはなりません。ただ地方の人たちは都心と言っても、地元からさほど離れていない場所を選んだりする場合もあるが、交通という利便性も兼ねてどこの住むかを考えているはずだ。

こうした際、やはり何事もどこに生活区を形成するかが焦点となります。都会と言っても都心なのか、それとも少し離れた郊外に住むのかで意味合いは大分違ってきます。東京で言うところの新宿に住むのと、青梅に住むというくらいに違います。他でもない、メリットという意味ではダントツで都心がいいとする意見が圧倒的だからだ。

高槻市に住みたい

都心と郊外、メリットを考える

都心と郊外の違いを説明しろ、そう言われるとしたらまっさきに出てくるのが『交通の利便性』と『商業施設の有無』といったものだ。また社会人になった際、これから生計を立てるために働く場所が居住区からどこに位置しているのかも重要な要点となります。そういった意味で見れば充実しているに越したことはありません。だからこそ都心に住むべきだと進められる反面、住めないから郊外にしようという意見もあります。

どちらも正しい、決して間違っていると一言では語れない複雑さが絡んでいる。一概に断言できないからこそ、都心と郊外だったらどっちが良いかという疑問を簡単には語れません。

どうして都心が良いのか

個人的に気になっているのが、誰がなんと言おうと『都心に住むべき』と考えている人の意見についてだ。若いうちこそ都心に住んでおこうと言う意見が多く見られます。学生にしても社会人にしても、若い内は様々なことを吸収しながら生活していけば、人生に役立つ実りが得られると言われている。それについては否定はしません、遊びたい盛りの年齢であれば物が充実して溢れかえっているような街での生活ほど、キラキラと輝いて見えるものはない。

物を買うにしても困らない環境なら尚更だ、自分の求める商品が手に取るようにあちこち存在しているならこれ以上求めるものはないと解釈しているのでしょう。そう考えるのはいい、良いのだがそれに伴うデメリットを考慮していないのではと感じることもある。

郊外をすすめる人の心理

では逆に郊外、都心部ではないのにあえて閑静さを求める人は何を思って進めるのか。第一に考えられるのは、なんといっても『家賃の安さ』だ。高槻市の賃貸情報からも見て分かるように、大阪市内と高槻市内とでは大分開きが出てきます。これが東京都心と郊外を比べるとしたら、東京都心の家賃で倍以上の広さで賃貸できる物件が郊外にはあるからだ。何をおいてもこれが郊外に住む際のメリットとなります。

新築マンション

賃料という天秤が全てを左右する

住宅探しをする上でどこでも良いから住めれば良い、そう考えている人はごく少数でしょう。全ての人が同じ条件で物件探しをしているわけではないため、ここで論争が起きやすい。若い内はどんな理由があっても都心に住むべき、そういう人の心理にはそう思うところがあるのでしょう。郊外に住む人は切実な理由があるからこそ、そう考えているだけで決して悪いことではありません。

けれど最近、郊外に住むなんて出来ないと考えて都心に住む選択をした人が後悔した、などという旨の記事を見かける度に思う。どうしてそこまで無理な選択をしてしまったのかと。

高槻市でリフォーム