高槻市の名物

高槻発祥の名物

街の歴史を知るというのは意義のあることだ、永住するかどうかは問題ではなく、時代の名残を感じることは意味を追求することなく理解してほしいものです。それこそ高槻市のように、かつて弾圧され続け、最悪の場合は死罪にもなったキリシタンたちが隠れ住む街として成り立っていた、これだけでも非常に貴重な史実だ。意味が無いというには実にもったいない、知っておきたい点でしょう。その他の観光名所というべき古墳なども、日本史マニアや考古学に興味を持っている人には心湧き立つ街となっている。

ただ堅苦しさだけを感じては街としての魅力にかけるのも事実、そこでもっと興味を持てる、万人が楽しめるものはないかと調べてみるとやはりありました。ゆるキャラ的な存在もいることにはいるが、市場飽和が甚だしい中で語るに及ばず、といしておこう。この点を追求していくと正直な話、全国区で活躍し続けている黄色く街から非公式とされながらも著名なゆるキャラが出てきてしまうので、この記事ではそういった話はしないでおこう。

やはり人の興味を引き付けるとしたら、食べ物という手段を用いるに限ります。実際食べたことがあるのですが、その独特な食感と味を堪能したいという人も多くいる、B級グルメとして十分通じる高槻市を象徴する『高槻うどんギョーザ』についてだ。

高槻市に住みたい

高槻うどんギョーザについて

高槻うどんギョーザを一言で表すと、餃子とお好み焼き(うどん入り)をミックスして出来上がったものと思ってくれていい。あまり想像できないという人もいますが、実物は見た方が早いでしょう。決して想像し難いものではなく、また見ていると手頃な大きさなのもあって食べやすいという点が外せません。

このB級グルメが親しまれるようになったのは昭和50年頃、創りだしたのは近隣に住まう主婦たちのアイディアによって創りだされたのがこの高槻うどんギョーザだった。今でこそ地元の名物として知名度は高いものの、完成されたばかりの頃は味にしても形にしてもばらつきは多かったでしょう。また家庭内で食べる料理だったこともあり、地域に住まう人たちには縁遠いものだった。知らないと語る人がいてもしょうがない、ではどうして表へと出てきたのかといえばB級グルメなる地元名産の、地元民だからこそ親しみのある料理を売りだしていこうとする動きが全国的に加速したからだ。

その影響を高槻市も倣うようにアイディアの発端としてなったのがこの高槻うどんギョーザだ、今では地元だけでなく近隣の人々にもよく知られた名物として愛されています。

高槻市内限定で販売

現状、高槻うどんギョーザの知名度は大阪市内ではそこそこあるものの、それ以外となったらまだまだ知らないと応える人が多い。事実、店舗展開こそしているのは市内だけとなっているので、観光や引越しなどで訪れた新規の人たちがまず触れ合っておきたいグルメとなっています。今後市内以外で販売する予定があるかどうかは、やはり商売としてある程度の利益を見込めるくらいになるかが見込めるか、そこが焦点だ。

通販なども行っていますが、動画サイトではうどんギョーザをどのようにして作るのかというものも公開しているので、興味がある人には嬉しい内容でしょう。自分で作るのと、地元の人達が作る味とで異なるかもしれませんが、どんなものなのかを知る意味では手っ取り早く作ってみるといいかもしれません。

その他の名物

高槻市だからこその名物、というものがもう一つあります。それは市内でのみ栽培されて粕漬け用素材として、大阪全体で欠かすことの出来ない伝統野菜として知られる『服部シロウリ』も有名だ。なにわ人なら知っていて当然という常識レベルなのだが、最近では生産量も少なくなって生産する業者も少なくなっているとのこと。そのため、府としては伝統野菜を保全・普及を促すためにまずは野菜を知ってもらおうとして宣伝を始めているという。

中々深刻な状況なのか、一つの野菜を失うというだけではなさそうだ。大阪の食文化も西日本の中で特殊な発展を遂げた歴史がある、その点を考慮すれば服部シロウリの存在がどれほど貴重なのかも頷けます。そもそも高槻市内でしか造られていない、という時点で貴重なのだが。

新築マンション

意外なほど

歴史的側面でも重要な情報が詰め込まれている高槻市ですが、名物として普及活動に勤しまれている高槻うどんギョーザ、市内でしか生産されていない服部シロウリの存在。どちらも市を象徴する存在として遜色ない存在感を放っている。グルメである高槻うどんギョーザは作り方は至って簡単ですが、シロウリの方は生産者がいなくなってしまったら本当に失われてしまう可能性も否定できません。農作物として、その他の地域では必要不可欠というわけではないにしても、大阪府の食文化には欠かせないと判断できるものであれば、保全にも躍起だ。

ただシロウリは実際の市民ですら知らない人も多いという問題を抱えているせいで、解決への糸口は見つけにくくなっています。

高槻市でリフォーム