歴史的な観点から

鉄道発達に伴った街の発展

高槻市は大阪と京都間を結ぶ鉄道の要とも言える場所だ。中間地点に位置し、JRの快速と阪急の特急と2つの高速鉄道の存在は市のプライオリティを府下の中でも特化すべき点として注目を集めています。人気のベッドタウンだからこそか、例年引越し時期になると人気の優良物件はないかと探している姿もちらほら見かけるほどだ。無論大阪や京都、どちらにも用がある人ばかりが住むわけではないでしょうが、片方に用があって通いやすくかつ閑静な場所で住みたいと考えている人ほど、高槻市は居住区としての候補地に選ばれやすいそうだ。

そんな高槻市の鉄道網についてですが、いつごろからこのような特徴ある街になったのかという話になります。その始まりは、隠れキリシタンたちにとって宗教の自由が解禁されたばかりの明治9年のことです。この頃に現在の京都-大阪間を繋ぐ鉄道が開通したことにより、陸上交通が発達していきます。それまでは水上からの水運が主流でしたが、鉄道の誕生により大きく水運は停滞してしまい、姿を消してしまったという側面もあります。それにより食い扶持を失ってしまったという人もいると思いますが、結果として鉄道が受け入れられたというのはそれだけ利便性が比較にならないことを意味していたからでしょう。

鉄道の存在はそれほど街に大きな変革をもたらしたのか、この時をきっかけにして街周辺は鉄道を中心として宅地開発へと着手していったのです。

高槻市に住みたい

鉄道を中心として

明治9年に鉄道網が整備されたという流れは、当時にとって珍しい話ではありませんでした。日本がそれまで敷いてきた鎖国的な体制から脱却し、国内外に更なる影響力を伸ばすためには、どうしても全国各地に足を伸ばせる交通網を整備する必要があったのです。そのためとして、時の日本は道路の整備よりも鉄道整備を優先的に行うべきだとしたのです。当然ですが、鉄道開発をするということはそれ相応の問題が生じること、恐らく高槻市にとっても様々な諸問題が発生したはずだ。

それがどのような問題か、については詳しく紹介されている情報源はなかったものの、一番に考えられたのはどのようにして開発していくか、という点でしょう。ただ立地的に良かったのか、鉄道を開発する動きが活性化するとともに、その鉄道を中心とした宅地開発も計画されていったのだ。

停車場を中心として市街地が形成されていき、やがて経済循環を作る場として企業を誘致する動きも出始めていく中で、住宅地の開発にも着手していった。その中には当然、それまで高槻市に住んでいた隠れキリシタンの人々も少なからずいたでしょう。これからは大手を振って生活していける、そんな風に時代の変革を受け入れながら街に永住しようと考えていた人もきっといるはずだ。こうした歴史があったからこそ現在の高槻市が出来上がり、その根底に繋がる一歩を踏み出したというわけだ。

新築マンション

高度経済成長期頃には

高槻市が住宅地としてより発達するのは高度経済成長期となる昭和40年代頃からだ。大阪と京都を繋ぐ大阪府下というブランドは多くの業者に目をつけられ、更に丘陵部を中心として大規模な住宅開発が進行するとともに、中南部では農地を住宅地、ならびに企業用地の開発を行ったことによって、同市内の人口は格段に増大していった。これを境に高槻市は、『大阪-京都間を繋ぐ人気のベッドタウン』という肩書を手に入れることとなり、多くの人がこの街に住みたいと願うようになっていった。

未然に防げた問題

人口が増えればその分だけ経済も活性化する、という風に考えられていました。ですが人が増えればその分だけ住宅を増やし、企業もドンドン参入することになります。良いことですが、度が過ぎれば環境破壊という問題に直結してしまいます。首都圏が良い例ですが、ただただ発達を目的に無秩序な開発計画を進めれば、その分だけ自然は失われてしまいます。結果、現在の東京を中心とした関東では自然を増やそうとする試みを行うまでになっている。

一方で高槻市は昭和40年代中盤頃に、その危険性を唱える動きがあった。それを機に、無計画に住宅開発を行わないようにすると、開発許可制度を導入し、その段階以上に住宅地が余計に拡大しないよう手を打てた。結果、現在の閑静な住宅街が完成し、自然と人工が調和して成り立つ街を作り上げる事が出来たのだ。

景観を大事にする、という点において欠かしてはならない重要要素を蔑ろにしなかった、日本でも稀有な都市区となる。だからこその人気と考えれば、高槻市の意識がどれほど高かったのかが見て取れるはずだ。

高槻市でリフォーム